旭川市で女医が運営する形成外科・美容皮膚科・皮膚科のあけ美肌クリニックへ

2016.10.26日本美容外科学会① ダーマスコピーの話

お休みいただいて、京都で行われた日本美容外科学会に行ってきました。

会場は平安神宮のおとなり、みやこめっせです。

京都の移動は市バスが便利ですね。

バス停にボランティア風のおじさんがいて、丁寧に何番線か教えてくれます。

さすが、行ってみたい観光地№1です。

慈恵の皮膚科教授の特別講演、「黒色皮膚病変の鑑別~ダーマスコピーの重要性について」が面白かったです。

「足の裏のほくろはがんになる」よくテレビの医療番組で取り上げられるネタです。

手のひら、足の裏の無毛部位にできた黒色斑にダーマスコピーは有用です。

皮溝という溝優位に黒いときは、色素細胞性母斑いわゆるほくろで、皮丘という丘優位に黒いときは、悪性黒色腫というのは臨床的にはよく知られた話なのですが、どうしてそうなのか?皮丘にあるエクリン汗腺にcancer stem cellが存在するので、皮丘優位なのだと。

皮溝も皮丘もどっちも黒くてよく分からないときは、汗腺が白くぬけていたら、色素細胞性母斑であることが多いと。

今まで、訳分からず暗記していましたが、なるほどです。

きちんと裏づけがあれば理解できるけれど、そこまでは教科書にのってない。

帰ってきて、もう1回調べてみたけれど、やっぱりのってない。

バイト先ではダーマスコピー使っています。

クリニックではマイクロスコープなので、診断には十分役立てていますが、コストはとってない。

ダーマスコピー購入しようかな。ハンディ型だと価格も大分下がっているようですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

[ 一覧へ戻る ]