旭川市で女医が運営する形成外科・美容皮膚科・皮膚科のあけ美肌クリニックへ

ロングパルスアレキ
サンドライトレーザー
(ジェントレーズ)

スターラックス

ジェントレーズの仕組み
皮膚を保護する冷却ガスをあてた後、レーザーをあてます。

注意事項




治療前

  • 毛は剃ってからご来院ください。但し、抜いたり、除毛、脱色はしないでください。
  • 治療前の日焼けは避けてください。色素沈着部位も治療ができません。
    皮膚表面のメラニン色素に反応して、皮膚トラブルが発生することもあります。
  • 妊娠中、皮膚疾患治療中、ぺ一スメーカー埋め込み後などの患者様はご相談ください。

治療中

  • 治療眼の保護のため防護メガネを装着します。皮膚表面の保護ため、冷気を吹き付けた後、治療します。冷やすことで痛みの予防効果もありますが、輪ゴムではじかれるような軽い痛みがあります。

治療後

  • 当日から軽めのシャワーは可能ですが、皮膚はこすらないでください。赤みやかゆみを感じる方もいらっしゃいますが、一時的なものですのですので、処方された軟膏を外用してください。治療期間中は日焼けしないように注意してください。稀に治療後のトラブルとして、やけど、一過性の色素沈着、毛穴の炎症・硬毛化等が考えられます。その際にはご連絡ください。

使用している
当院オリジナルコスメ

使用している
メディカルコスメ

効果を持続するためには、2週間に1回継続して治療することをお勧めいたします。

※注意事項※


治療前

  • 2、3日前よりハイドロキノン、レチノールなどの刺激の強い薬剤の外用、シェービング、過度の日焼けは避けてください。
  • 口唇ヘルペスや外傷のある方はご相談ください。
  • 治療後ピーリング中は、多少の肌のむずむず感やぴりぴり感を感じることがあります。
  • ほてりや赤みが出ることがありますが、心配な時は担当者に声をかけてください。

ご自宅でのケア

  • ピーリング後も上記の症状が持続することがあります。
    問題ありませんが、気になるときは冷水を浸したタオルで冷やしてください。
  • ごくまれに、水庖、かさぶた、はれ、発疹、色素沈着などの症状が出ることがあります。その際はご相談ください。
  • 日焼け止めは当日より必ず使用してください。治療後1週間前後はゴルフ、プールなど野外でのレジャーは避けて下さい。
  • 肌はこすらず、ピーリング効果のある化粧品も3日間は避けてください。
  • 治療後は肌が乾燥しやすくなりますので、十分に保湿してください。

サリチル酸マクロゴールピーリング

サリチル酸はβヒドロキシ酸の一種で、角質軟化・融解作用があります。マクロゴール基材にすることで、角質層のみに作用が限局され、皮膚へのダメージが非常に少ないとされるピーリングです。1ヶ月に1度、数回の施術をお勧めします。

適応




ニキビ

  • 角質層は(毛包内の角質を含めて)ほぼすべて剥離されてしまうため、コメドは除去されます。

皮膚の若作り(リサーフェイング)

  • 真皮乳頭層に膠原繊維の新生が起こるため皮膚の肌触りが良くなり、ハリが出て皮膚表面が滑らかになります。

色素性疾患

  • 角質層が剥離され、皮膚のくすみ、うすいそばかすや炎症後色素沈着が改善されます。

注意事項

  • 解熱鎮痛剤にアレルギーのある方、アスピリン喘息、妊娠中の方はご相談ください。
  • ごくまれに水疱、かさぶた、はれ、発疹、色素沈着などの症状が出ることがあります。 その際はご相談ください。
  • 角質を完全に剥離してしまうため、施術後12時間は非常に肌が敏感な状態になっています。この間、お化粧は避けてください。
  • 施術後の角質剥離状態ではビタミンCの浸透が亢進しているため、治療効果を高めるために、
    施術後1週間は、当院のビタミンCローションの使用をお勧めします。
  • 施術後は、肌はこすらず、保湿と紫外線対策に留意してください。

スーパーフォトセラピー

スーパーフォトセラピー(光治療)はしみ、しわ、くすみ、赤ら顔、毛穴、にきびなどの治療に効果があります。単一波長を高出力で照射するレーザーとは異なり、フォトセラピーは一度に様々な波長の光を照射する事で肌質を改善する、広い範囲での総合的な老化対策の治療が出来ます。シミ取りのレーザーと違って、かさぶたを生じることもありませんので、ダウンタイムの少ない治療です。

治療の実際

  • 治療前後4週間は過度な日焼けを避けてください。トラブルの元になります。
  • 麻酔は必要としませんが、軽い痛みはあります。
  • 治療後、日焼けのようなほてりと赤みが続く事がありますが、長くても3日間 ほどで軽快します。
  • シミの部分がうきあがって、小さい痂皮(マイクロクラスト)が生じることがありますが、無理にはがさないでください。
  • 照射後は肌をこすらず、日焼け止めをきちんとぬってください。

1か月間隔で5回ほど照射することをお勧めします。
1回ごとに肌のはり、ツヤが出る、化粧のりがよくなるなどの効果を実感でき、継続することでお肌のメンテナンスにもなります。

レーザーフェイシャル

レーザーフェイシャルとは冷却装置のついた低出力のロングパルスアレキサンドライトレーザーを顔全体に照射することで、くすみ、そばかす、薄いシミ、毛穴の開き、小じわなどを改善する方法です。元々は脱毛用として開発された米国キャンデラ社のロングパルスアレキサンドライトレーザー(ジェントルレーズ)を使用します。うぶ毛が少なくなることで化粧のりがよくなる、メラニンに反応してそばかすやしみがうすくなる、真皮内の熱損傷によりコラーゲンが増えて肌にハリが出る、脂腺が縮小されニキビ予防や脂性肌が改善するなどの効果が認められます。冷却装置により、表皮の熱損傷が軽減されるため、照射部をガーゼで覆う必要がないダウンタイムの少ない治療です。

1ヵ月おきに5回程度の治療をお勧めします。

※注意事項※





治療前

  • 治療前の日焼けは避けてください。
  • 妊娠中、皮膚疾患治療中、ぺ一スメーカー埋め込み後などの患者様はご相談ください。

治療クレンジングしてお待ちください。目の保護のため防護メガネをつけてください。冷気を吹き付けた後、治療します。冷やすことで痛みの予防効果もありますが、輪ゴムではじかれるような軽い痛みがあります。麻酔は通常必要としません。冷タオルで冷却して終了です。メイクして帰宅も可です。

治療後

  • 施術当日より、洗顔、メイクは可能ですが、皮膚をこすらないで下さい。
  • 照射後は乾燥しますので、十分に保湿してください。
  • 日焼け止めをきちんと塗ってください。
  • 照射後、しみ、そばかすの部分に痂皮(マイクロクラスト)ができることがあります。無理に剥さないで下さい。

合併症・照射後に赤みや腫れがでることがありますが、数時間でおさまります。

  • しみは薄くはなりますが、完全には消えません。
    よりピンポイントの治療のために冷却装置をオフにして、重ねうちすることもあります。
    多少、皮膚がじくじくした状態になりますので、軟膏を処方します。
  • ニキビ肌の方は、一時的にニキビが悪化したり、額や口唇周囲にニキビ様の湿疹が出ることがありますが、 1週間ほどで自然に落ち着きますので、問題ありません。

フラクショナルレーザー

小じわ、毛穴、ニキビ跡、傷跡に対して、当院では米国パロマ社のスターラックス1540をご用意しております。このレーザーは目に見えない細かい穴を皮膚に開けて、周囲に熱変性をおこします。その治癒過程にて真皮内のコラーゲンが増加し、肌に張りが出て、若返り効果(リジュビネーション)をもたらすとともにニキビ跡や小じわなどの陥凹も改善されます。従来のフラクショナルレーザ一に比較して、ラックス1540はより深くまで作用し、クーリングシステムにて皮膚表面を保護すること、痛みが少ないことが利点です。

※注意事項※

▲トップへ戻る

レーザー治療

肉眼的に良性のものと判断されているホクロに対しては、レーザー治療が可能です。少しでも悪性の可能性がある場合はメスで切除して、病理的組織検査をすることをお勧めします。この場合保険治療です。 炭酸ガスレーザーは治療は蒸散(皮膚を削る)タイプのレーザーです。ホクロの他に脂漏性角化症(老人のいぼ)、首や脇の細かいいぼの治療もできます。

注意事項



治療の実際

局所麻酔の注射をし、レーザー照射します。 治療後は表面に穴が開いた状態ですので、毎日の洗顔後に軟膏をつけて絆創膏をはってください。1~2週間で上皮化(皮膚ができる)します。上皮化した部位はニキビ跡のように若干赤く、ややくぼんだ状態です。肌の色が戻るまで、半年ほどかかりますので、この間は日焼け止めをきちんとぬってください。

合併症

  • 再発の可能性
    深いホクロは再発してくることがあります。はじめから深く削ると陥凹変形が残ります。あくまでも綺麗に治すことを目的にしていますので、御了承ください。治療部位に再発してきた場合、半年以内は無償で追加照射いたします。
  • 傷痕、肥厚性瘢痕、色素沈着
    皮膚の深くまでけずると傷痕が陥凹したり、赤く盛り上がったり、逆に白く色素が抜けた状態になることもありますので、ご相談ください。 傷痕が日焼けすると茶色の色素沈着をおこすことがありますので、ご注意ください。外用剤等処方します。