旭川市で女医が運営する形成外科・美容皮膚科・皮膚科のあけ美肌クリニックへ

カテゴリ一覧

2019.2.1ピコレーザー治療について① 3つの治療モード

ピコウェイには3つの治療モードがあります。

 

1.ピコスポット~しみの治療

老人性色素斑、雀卵斑、真皮メラノーシス等に532nm又は785nmをスポット照射します。

照射部位は灰白色に変色し、周囲が少し腫れます。

テープを貼る必要はありませんが、極力さわらない、こすらないようにしてください。

副作用として炎症後色素沈着、赤み等が考えられます。

 

2.ピコトーニング~肝斑、くすみの治療

1064nmで連続照射します。

うっすらと赤みがでます。

1ヶ月に1回程度の繰り返しの治療が必要です。

副作用として、炎症後色素沈着、色素脱失等が考えられます。

 

3.ピコフラクショナル~肌のハリ、小じわ、ニキビ跡、毛穴の治療

ピコレーザーを点状に照射することで、皮膚表面に傷をつけることなく(かさぶたを作らずに)、表皮、真皮にダメージを与え、リモデリング過程でコラーゲン、エラスチンを増やしていきます。

1064nmは深めに作用し、532nmは浅めに作用します。

結構痛いので、痛みに弱い方は麻酔クリームを前もって塗布します。(追加料金1080円)

副作用として、赤み、腫れ、点状の内出血と痒み、炎症後色素沈着等が考えられます。

 

1だけでもいいですし、1から3まで組み合わせての照射も可能です。

1から3まで照射すると結構なダウンタイムだと思います。

3のハンドピースは只今入荷待ちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

[ 一覧へ戻る ]